FC2ブログ

金継ぎ教室・繕い古古

島田美術館にて 2018・作品展を終えて


・SKさんの作品です 金継歴 1年6ヶ月
          19.jpg


 ・金継ぎ教室でのエピソードなど

いつの間にか「元祖珍継ぎ名人」の称号? っを頂き 益々、奇をてらうというか 変わったことに手を出し

手を広げては 先生を困惑させております  寛容で お心の広い先生の愛をもって自宅での創作活動も

含め 今更ながら「学よろこび」 を享受しております  目指すは「世界の珍継ぎアーティスト」

満足!充実!感謝! で毎日を過ごしております。


・TAさんの作品です 金継ぎ歴1年5ヵ月
17.jpg



 ・金継ぎ教室でのエピソードなど

去年の作品展の時 知人から抹茶碗の 金継ぎ依頼を受けたので 教室へもっていくと「よくこんな難しいものを

預ってきましたね」 と先生から言われた その時は何も解らず さび漆でキズを埋め 磨いて漆を塗る作業を

何度も繰り返して 何とか金を蒔きましたが 結果は思うようには 金が光らず思い残すことが多々ありました

長時をかけて金繕いを施し依頼者へお渡しすると 「大事に使いますよ」 とのお言葉を頂き安堵いたしました

染付の湯のみは これまた先生から中々ゴーサインが出なかったが 自分としては金継ぎらしく出来上がったと

満足している  でも “なかなか思うようには出来ない”  これが金継ぎの魅力かな? と今は思っています。

 


繕い古古

・金継ぎ教室   毎回、ご希望の日時で講習を受けられます

 2人~6人の小人数で、丁寧な指導で楽しい教室を目指しています
 熊本市中央区水道町3-4グリーンハイツ202(目印は上通り〒の裏通り2階建て)


・器の修理承ります  小さな修理は2千円から~ 

 見積無料ですのでお気軽にどうぞ、 お問い合せはメールフォーム 又は、
 新屋敷にある 器ギャラリー満 へご連絡下さい (096-372-3101 PM1時~PM6時)。  





スポンサーサイト

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ふるふる

Author:ふるふる
古い器 割れた茶碗 繕います 
漆で継なぎ  研いて 磨いて
金銀を蒔き 化粧をいたします 
愛しさ増して 両手に和みます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR