FC2ブログ

金継ぎ教室・繕い古古

島田美術館にて 2018・作品展を終えて


・SNさんの作品です 金継歴 1年2ヶ月
3 (2)

・金継ぎ教室でのエピソードなど

 私が結婚する時 母と一緒に食器選びをしました 何年か使っている内に 残念なことに割ってしまいました

 その時 金継ぎを知っていたら・・・  その器は 今でも私の手元で 大切に使われていたことでしょう
 
 愛着のある器が 壊れて使えなくなった時 金継ぎという技術は その傷さえ魅力の一つにしてくれます

 割れたから捨てる ではなく更に愛着のある器に甦る 金継ぎは新たな魅力を宿す修復法だとお思います

 「繕い古古」 には 楽しい仲間も沢山いらっしゃいますよ~    一緒に教室で学びませんか?



・YMさんの作品です 金継ぎ歴1年2か月
2 (2)

・金継ぎ教室でのエピソードなど

 いつか金継ぎをしたいと 長年思い続けておりました 教室に通い始めた頃は 細い作業に難しさを

 感じておりましたが 欠けたり割れた お気に入りの食器達が 少しずつ形を取り戻していきます

 最後に金や銀で 綺麗にお化粧されて 食卓に戻ってきてくれる事が大変嬉しく 心が豊かになります

 教室では先生や生徒さんと 色々な情報を交換しながら 作業をすることも楽しみのひとつになりました。




繕い古古

・金継ぎ教室   毎回、ご希望の日時で講習を受けられます

 2人~6人の小人数で、丁寧な指導で楽しい教室を目指しています
 熊本市中央区水道町3-4グリーンハイツ202(目印は上通り〒の裏通り2階建て)


・器の修理承ります  小さな修理は2千円から~ 

 見積無料ですのでお気軽にどうぞ、 お問い合せはメールフォーム 又は、
 新屋敷にある 器ギャラリー満 へご連絡下さい (096-372-3101 PM1時~PM6時)。  






スポンサーサイト

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ふるふる

Author:ふるふる
古い器 割れた茶碗 繕います 
漆で継なぎ  研いて 磨いて
金銀を蒔き 化粧をいたします 
愛しさ増して 両手に和みます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR