FC2ブログ

金継ぎ教室・繕い古古

島田美術館にて 2018・作品展を終えて


・YYさんの作品です 金継ぎ歴7ヵ月
24.jpg


・金継ぎ教室でのエピソードなど

 金継ぎとの出会いは ふと立ち寄ったこの作品展でした もともと工芸品を見るのも使うのも好きですが

 一度欠けたり割れた器が 金継ぎという新たな魅力を加えて 食卓に戻って来るのだと聞き驚きました。

 作品を完成させるまでには いくつもの工程を経て 時間と手間が掛かるのだと実感しました。

 また 古古(ふるふる)の教室では 古伊万里や古九谷などの 古美術の世界を知る機会もありました。

 これからも 様々な金継ぎの技術を ゆっくりと楽しみながら 習得していけたらと思います。



・NMさんの作品です 金継ぎ歴9ヵ月
4 (2)

・金継ぎ教室でのエピソードなど

 教室に来る度に思うことは 色んなジャンルの方が通っていらっしゃるのに 大変びっくりしています。

 私は 天草で陶芸を仕事としています 作る側としては 新しい器を買ってもらわないと困るのですが

 修理をして ものを大事にすることは 大変素晴らしいことだと思います。

 金継ぎは 根気のいる難しい作業が沢山ありますが 甦った器を見るととても 豊かな気持ちになります。

 また 作業の合間に交わす 生徒さんとの金継ぎ談義や 日々の情報交換も楽しみの一つにになっています。




繕い古古

・金継ぎ教室   毎回、ご希望の日時で講習を受けられます

 2人~6人の小人数で、丁寧な指導で楽しい教室を目指しています
 熊本市中央区水道町3-4グリーンハイツ202(目印は上通り〒の裏通り2階建て)


・器の修理承ります  小さな修理は2千円から~ 

 見積無料ですのでお気軽にどうぞ、 お問い合せはメールフォーム 又は、
 新屋敷にある 器ギャラリー満 へご連絡下さい (096-372-3101 PM1時~PM6時)。  





スポンサーサイト

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ふるふる

Author:ふるふる
古い器 割れた茶碗 繕います 
漆で継なぎ  研いて 磨いて
金銀を蒔き 化粧をいたします 
愛しさ増して 両手に和みます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR