FC2ブログ

金継ぎ教室 島田美術館にて

2017作品展を終えて

A.jpg

T・Mさんの作品 (金継ぎ歴7ヵ月) 金継ぎ教室でのエピソードなど

熊本地震によって大切に仕舞っていた器が粉々になり昨年の9月から
金継ぎ教室に通っています、教室の他の生徒さんと骨董の話や器の話をしながら
無心に器を磨いていくと あっという間に時間が経ちびっくりします。

時々磨き過ぎてしまったりと失敗をしながらも傷ついた器が直っていくのを見ると嬉しくなります。 
プロにはなれなくても、いつか身近な人の器を直せるようになるまで頑張ります。




3.jpg

C・Nさんの作品 (金継ぎ歴8ヵ月) 金継ぎ教室でのエピソードなど

地震により大破した器達は思いっきり処分!!
残った器は、修理を要するものがあり、いっそのこと自分でやってみようと教室へ通う。
周囲には地震で被害を受けられた方もおられ黙々と作業をしながらも人の中にいる安堵感を感じた。 
作業は想像以上に時間がかかったが、最初の作品が完成した時はやはり感激し何度も繰り返し眺める。
 
又、修理の仕方も金継ぎだけでなく銀継ぎや漆仕上げなどいろんな方法があることを知った。
教室に参加して地震を受けたストレスが癒されたような気がしている。




繕い古古
・器の修理承ります

 小さな修理は2千円から~  ご予算に合わせて いろんなお直しが出来ます
 見積無料ですのでお気軽にどうぞ、 お問い合せはメールフォーム 又は、
 新屋敷にある 器ギャラリー満 へご連絡下さい (096-372-3101 PM1時~PM6時)。  

・金継ぎ教室  毎回、ご希望の日時で講習を受けられます。

 3人~6人の小人数で、丁寧な指導で楽しい教室を目指しています
 熊本市中央区水道町3-4グリーンハイツ202(目印は上通り〒の裏通り2階建て)



スポンサーサイト

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ふるふる

Author:ふるふる
古い器 割れた茶碗 繕います 
漆で継なぎ  研いて 磨いて
金銀を蒔き 化粧をいたします 
愛しさ増して 両手に和みます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR